×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Love Like Pop 13.5 10/07/07 大阪城ホール




 大阪城ホールなりよ!
 ミナミさんに逢い、あこしゃんに逢い
 みなさんこんにつ……ちがう、これいきものがかり…

 開場始まりまして、開演まであと30分くらい!
 あついよーあついよー

 雨も止んだし、aikoに逢う準備は万端なのさ
 aiko、いまなにしてるかな
 想いよ届けたまえ!

というわけでりあたいブログからの引用でしたっまる。
名古屋ライブ以上のふぉろわさんやネットで仲良くさせていただいている方に出逢ったり、実はてんぱりんぐでしたw
なんというかアレです。あたまがポヤー って、5/12と同じかいw
それではごゆるりと♪ 七夕ライブ!


ライブまえ。
京橋にてaikoカラオケ。れんげねえやんが来るまで女子あちき一人^▽^ えっどういうことなの…リア充ェ(違うよ!
ネットでの aiko関係の知り合いは、断然男の人が多いからなー。実生活じゃなかなかaiko好きって言えないけどネットだと言えるからとかそういう理屈なのかな。
ライブの相方りさやんがはるばる香川から到着し、ぞろぞろと城ホールへ。城ホールではPixivでのマイピク・ミナチカさんことミナミさんにお会いしました (*´∀`) Pixiv関係でオフでお会いするのは初めて。長い時間待たせてしまってすみませんでした>< お会いできてよかったです♪

あっ、グッズはポーチと、手に入ることあたわずと思っていた透明ストラップを無事ゲット!
だからっていって何に使うわけでもないけども(´・ω・`) ポーチ はPSP入りそうだなホント。ということで入れてみたけど、まだ全然余裕ある感じだなー。普通にちいさい化粧品とかも入りそうだ
アンケートとか書いてしまいたいので先にアリーナ入り。胸を伝う汗の感覚をよくおぼえている。いや、ただ単に暑かっただけなんですけどw 入口付近のお花は(覚えているの だけ)そうでない人代表のお店Smoochさん・NHKのMJ・FM大阪・シルク姐さん・それとたしか別冊カドカワからきてました。本出してくれるのかなあ

城ホールの7列一番二番はもうとにかくはしっこ。
でもサイドステージ? が見えておおここにaikoが来た時にガン見してやるのさっ!と思いました。ただ機材とかが邪魔でステージがよく見えないのが難点だったわな。


六時半近くなってくるとaiko!aiko!のコールが多くなってきました。
手拍子が遅れて聞える。人がいっぱいいるから。流れてる女性ボーカルの洋楽がなんかaikoの声に聞こえるマジックも私の中ではおこってたりした。あくまで私の中で。
ブレーカーが落ちるみたいに急に消えるんではなく、わりとやんわり照明が落ちていったかな。さあ魔法の時間の始まり始まり。。。





オープニング。
聞き覚えのあるメロディ。でもちょっとロックな、荒削りなおと。
KissHugのイントロのメロディ。だから、意外だったな。
ステージを包む幕が真っ赤になる。マグマがどろどろしている感じ。それからゆっくりとその温度を落としていき、青になって、蒼くなる。
深いいろ。海のいろ。 深海のいろ。母なるせかいのいろ。どん、どん、と内臓を響かせる音がする。
すべてを受け入れてくれる“母性”のaikoを象徴している気がした。

やがてストリングスのメロディが。これもたぶんKissHugだったかなと思う。そこらへんはあいまい。
幕に描かれる文字は 「Love Like Pop 13 add」

再び赤く紅く朱くなる。音も大きくなる。
彼女の声が、私達の糧となるように、
私達の声援があのこの血となり肉となる。



1・夏が帰る
どーん!! とちっちゃな花火。なんていうのかな、あれ。
中央に立つのはaiko。あいこ! 小さいけれどaiko! もっとおっきいかと思ってたぞお! 5メートルくらいあると思ってたよお^▽^!! いいすぎだね!!
感極まって泣いてしまうのはいつものこと。なんか気もそぞろな気分だったけど、ライブ前の一人の時間もう少し作っとけばよかったけど、ああ、私ちゃんと泣いちゃうんじゃん――あっ、あれ、どうして、こんな、なみだ……ぼろぼろ……えっなんかしみる痛いなにこれ、あっもしかして …………花火の硝煙の所為で 目ェしみただけでより一層ぼろぼろ出ただけだったよ\(^o^)/ 感動ぶち壊した! だが目が濡れたきっかけはaiko!

夏が帰るは一曲目に来るだろうと思っていたのさ。それと、その日はゲリラ的な豪雨がひどかったそうで(私は屋内にいたからしらなかったんですが)ピッタリな一曲ではないですかーと思いました。あめよやんでおねがい!
あいこはこの曲の時点ではそこまでサイドにいったりきたりすることは無かったですけど、私はもうガン見目ビーム! 一対一で向き合う時間のはじまり!

あ「みなさんこんばんわ! aikoでーす!
 みんな元気かー!? ほんまに元気かー!?
 最後までたっぷり楽しんでいってくださいよろしく!」
おなじみの挨拶! 最初の曲群、駆け抜けて!

2・赤いランプ
最初から飛ばしてくるなあ! と思った。ポップなテンションからロックなテンションへ。会場の照明は主に赤。
あ、ちなみにaikoの服装ですがインナーはピンクのタンクトップ(首でまくタイプのやつだったかなー)に大きく長方形の絵が入ったうすピンクのボーダーTシャツ、と黒いパンツでした。足の方まで見てないけど多分スニーカーっぽいの。絵は割愛。

3・愛の病
やーん! 愛の病やーん! うれしい、うれっしいー! そして懐かしいー!
ライブなのでテンポも早いし、「その出逢いが〜」のとこもメロディ変化してる。うーんライブですなあ。照明は主に黄緑系。あっ、はじっこだからか一度も照明ビームをくらわなかったぞそういえばw
ステージですが、バックに墓標らしきものがいくつかおいてあったので、ホラーなのを意識してるのかなと思いました。はじっこやったしよく見えなかったけど。

ちこっとMC

aiko「お足元のお悪いなか、平日にも関わらず(笑) 来てくださってどうもありがとうございます!」 いーえーいー!
雨ひどかってんてなーと話すaiko。濡れた? 濡れてない? 大丈夫やった? と気さくに話を進めます。
「ライブでもっとびしょびしょになって帰ってくださいね(にやり!」
そして地元大阪でのライブ。「こんなに早く帰ってこれるとは思わんかった^^!」 私もこんなに早く来れるとは思ってなかった^^!
「あ? ちょっと太ったー? 15キロ太った!?」とかいうお客さんとの会話も最初からばりばりしております。

でもってこの日は七夕です。
「浴衣の女子もいてるなー。大丈夫? きくずれたりしてない? ライブ終わったらトイレとかでこう帯なおしや」
aikoは何をお願いしたのー? という問いには
「えっとねー、キーボードのたつたつさんが演奏を間違えないようにってお願いした♪」 えっw たつたつさんwww
七夕のお願い事はアンケートの裏にでもかいていってな☆彡 ええ、私もかきました。
もう嫌なものわるいもの床にびっしゃり落としていってや! とのこと。私もぬるっと落とす! びっしゃりだったかびっしょりだったかびっちょりだったか覚えてないけどその時のaikoの仕草がw オーバーw
「aikoもすんごいファンデーション塗ってきたから、それが全部はげるまで(`・ω・´)!」

4・リップ
イントロで何の曲か焦ったのは内緒\(^ ^)/ あっリップだ〜なんかレアな感じする〜!とか思った
aikoが歌詞に合わせて何か大きく字を書いてたんだけど、多分「ステキ」だったと思う。最後の「キ」だけ見たんですけどな。と思ったんだけど、mixiのコミュを見てたら「スキ」だったみたい。……まあ意味は似通ってるよね? ね?(え

5・鏡
おっけい! きみを! がんーみさ! ことし三回目!
ここでホーンセクショントリオが登場したのにステージの端だったから全然見れんかったーけど確かこの曲かリップあたりでaikoがサイドステージ渡って来てくれたからよかった^^
もうね、ほんとすごい。汗ビッシャーやった! てかってかのつるつる。もうホント、はげますね、うん。ああ、肉眼でaikoが鮮明に見えるこのシアワセよ。

6・リズム
二曲くらいかな、と思ってたのでイントロが始まった瞬間はあっリズムも?と嬉しかった。BABYで抜群の安定感を誇るであろうリズムでごわす でも音響の不調でいっかいマイクの音が無くなったのは残念だったな。まあaikoもわたしらも触れなかったけど

もももっとMC
aiko大好き〜〜!! と声援が飛ぶけど
あ「もうずっと言ってて! 浮気しんといてな〜。
  お家帰って、フンフンフン、嵐♪(ピッ、とリモコンをおす仕草) とかやめてな!」
これにはウケたw うちもaikoしか聞いてないよ、いまんところ。 まあ次の日落語聴きに繁昌亭いったけどもさ

大阪! 地元! なのでaikoの話もはずむはずむ。
「立ち見の人とか、ちっちゃいやろaiko? 聞いてみたら2センチ! とかやったのにあとで聞いたら5メートル! とか言うの(笑) 大阪の人はw」
ここでaiko人文字を披露。「K」をやったり、「L」をやったり。もじもじくん…
ぴあの雑誌インタビューでも何故か大阪のことについてばっかり喋ってしまったという。もっと他のこと言わなきゃいけなかったのにーって苦笑してた。あれですねーお店のことについても喋るつもりがマラソンのことばかり喋っていた某紳士洋品店の中の人みたいですねー…(金沢ローカルネタで対抗する

かつて弾き語りコーナーでみんなから飛んできた言葉をもとに即興で歌っていたのだが、それでも大阪の人は
お客さん「8710(ハナテン)中古車店(・∀・)!!」
aiko「……( ^ω^)」
とローカルかつ不思議な単語を飛ばすというw

この流れでグランシャトー!と大阪ローカルな話に突入する。
グランシャトーってなんぞ? ググってみた。公式ページが 出てきた。「食べる ・風呂でさっぱり・歌う・大人の夜・ゲーセン・ぱちんこ 京橋グランシャトービルへようこそ!」らしい。そう、確か男子も「ゲーセンある!」「パチンコある!」って言ってたわ、やたら金切り声でw それにしてもお菓子屋さんみたいな名前である。ちなみにaikoは銭湯にいったことがないらしい。

で、CMソング等あんまりにもローカルな内容でもりあがる。ついてけんくて( ゚д゚)ポカーンとしていたのでどういう流れで入ったのかわからんが「おとなのえほん」の話にw
あ「おとなのえほん、って何かちょっとこう、タイトルからしてなんかピンクやろw??」
解説しよう! おとなのえほんとは、かつてサンテレビが制作していた深夜番組(お色気バラエティー番組)のことである! ウィキペディアにもあったんですけどwww
「なんかこう……エッチなビデオとか、紹介したりする番組なの。べつにaikoは見てたわけじゃないんやけど……フトした時にハッ!てチラッと見ちゃったの><!」
「わかる? みたことある? 「のりノリ天国」になってからちょっときわどくなくなったよね??」
オイイw わからんw 話がわからんw! ウィキ見る限りだとのりノリ天国の方がエロいっていうかきわどいと思うよ! 「爆々ビデオメイキング」とか「チチリンピック」とか「おんなのこのための写真講座」とか「AV WONDERLAND」とかwww!!
で、関西のラブホチェーンであるもしもしピエロのCMソング等を歌いだすなど、ローカルかつおピンク過ぎてこのライブどこへいくのな状態になるwww

あ「あっ……!! こんな話しとる場合じゃないんや!!」
とステージの方へ行く。やはりランプが点灯していたw それも×でw
あ「えっ、やっぱマズイ? もしもしピエロはあかん?」
ランプ「×(`´)」
あ「グランシャトーは?」(これ、こう言ったんじゃないかも)
ランプ「○(^^)」(くるくるまわる)
ランプかわいいなオイw
あ「……ていうか何の話してたんやっけ…?」
たしか即興で変なワードが飛んでくる大阪という土地柄みたいな話やったよw どうしてこうなったし\(^o^)/

もうそろそろ次の曲にいかなくてはいけない。
あ「あのー……こんな話をした後に歌う曲じゃないんやけどもw 歌います!」
なんだろう? wktk♪

8・カブトムシ
確かにw だがしかし、そのピンクイメージを払しょくしてくれる!
私はそこまでカブトムシが好きってわけじゃないんだけど、ライブが全部終わって、てててさんやあでりーむさんのツイートを読んでいて、「ああカブトムシって曲は多分、その時その時の、aikoの歌や現在を映し出してくれる鏡や、一種の指標でもあるんかな」と思いました。
こ の曲でaikoを知ったって人も多いだろうし、きっとカブトムシが好き!ってaikoに言う人も多いと思う。沢山の人に愛されている曲だって彼女もわかってると思うし、きっとaikoにとってもすごく大切な曲なんじゃないかな。よう考えたら、私もaikoの歌詞を研究しようと思って最初にやってみたのが「カブトムシ」やったな。まあ有名な曲やしとっつきやすいと思ったからね。
曲の後半ではストリングス隊が。ふああ〜。これは今回映像ではなくなま! なまなま! いや映像か!?とも思ったけどもw

カブトムシの余韻をそのまま引き継ぎ、どん、どん、と聞えてくる音。
なんだろう。まるで人間の心臓がすぐそばにあるみたい。鼓動の音。
どくんどくんと、すぐ傍で誰かが抱き締めてくれているような、……もしくはaikoの胸から聞えてくるような、胸に触れているような。……いやべつにえろい意味ではなくね。
でもその音だけがずっと聞えてて、何の曲か見当がつかなかった。
だからストリングスの演奏が入った時、さあっと鳥肌がたっていったのです。
音がわたしの頬を、肌をかける。aikoの創った音が、心の琴線にふれていく。


9・甘い絨毯
aikoと一緒に寝そべっている感じ。火照ったからだを癒してくれる。
なんかずっとずっとずっとaikoといたいなあ、そう思った。
甘い絨毯にごろーんと一緒に横になって、くだらない話をしていたいなって。んで、いっしょに眠って、出来れば同じ夢を見たいな。



ステージは暗くなり、バックに映るのは満点の星。流れるのは流れ星。
赤や青や大きいのや小さいのや、綺麗な星空。
月夜の晩ってサブタイなのに星夜やでこれじゃw
でも本当に綺麗で、今思い出してみると過去の演出の中ではいちばんロマンチックやったなあって思う。
そして本公演と同じく、花道の中央から光が湧きでて、aikoとメンバーさん達が現れました。




10・花火
イントロのあの特徴あるメロディで「えっと、えっと、これなんやったっけ」とか思ったのは私ですw ばかね、あたしばかね、大切な曲でなぜ思い出せないw
アコースティックな感じで非常にいいですねっ♪ ヴァイオリンの落合さんも加わって、エレガンスでしたっ^^



この辺で後編へ〜

next
ライブレポトップへモドロ
愛子抄トップへモドロ