×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Love Like Pop 17 14/10/10 本多の森ホール




 今日は10月10日ー。東京オリンピックから50年。でも私的には待ちに待った金沢ライブなのです。誰のってaikoのよっ

 ゆったりグッズ先行販売に向かってしこたまグッズ買って今は香林坊サンデーでごはん中です。
 ちょうどグッズ買い終わってホール出た時にaikoが会場入ったみたいで、手振ってる子いっぱいいました。
 入待ちは禁止されておりま~す。
 パンフのあいこ日記が好きだなあ。こういう一人称のたんたんとしたaikoの文章好き。イラストも面白いし。

 ああ。楽しみだけど、なんか私が緊張するな。aikoのライブにいろいろ託しすぎ。わたし。


ライブ前のりあたいぶろぐより。
数えてみれば一年以上ぶりのaikoのライブでした。前回のライブから私生活がいろいろ変ってしまい、
それ以外でもaikoのことについて悩んだり、自分自身も生活も仕事もなんかすべてがうまく行かなくて、
aikoのライブが全然楽しくなかったら、楽しめなかったらどうしよう。そんな風に怯えて過ごしていました。
一番怖かったのが、aikoなんて本当は好きじゃなかったらどうしようってこと。
aikoなんてもうどうでもいいや、って思ってしまうんじゃないかってこと。
それは、私の終わりを意味していました。



結果としてはものすごーーく楽しくて、
私再始動! リブートかかった! たまき大復活! といったような、楽しい三時間でした。

というわけで、大体ブログに載せたものとおなじですが、ごゆるりとお楽しみください。



一年ぶりでした。一年aikoに会えてない! いや別に、そこまで珍しいことでもないような気がする。ほら、過去を振り返れば2003年なんてライブ行けなかったんだし(LLR2のチケットはあったのに……くそっ。これほんと悔やんでる)
でも、えーと。↑の前書きに書いてあるように、去年の最後のLLP16から一気に自分の生活がぐわぐわーっと変わってしまって、正直いいことなんて一つもなかったような日々だったのね。まあ一日一日見てけばそうでもないし、いい日だってあったんだけど、トータルで見たら、趣味以外の面、つまりプライヴェートな面がすごく暗黒で、それに加えてaikoへの愛の懐疑心なんか生まれてしまって、もうぐっちゃぐちゃですよ。
プレゼントと一緒に出したaikoへの手紙とかも、それはもう……本当にこの世全ての絶望を詰め込んだような内容で、汚くて苦しい気持ちをとにかく赤裸々につづったもので、そんなものをaikoに出してしまうほどつらーいつらい一年間でした。

ライブは楽しみだったけど、ライブが終わっても何も変わらないんじゃないかって。
そう思って。そして、aikoもあんまり聴けてないし、小説もうまく書けないし、仕事が苦しいせいで何もかもうまくいかなくて、
「なんかもう全部どうでもいいや。aikoもこうやって忘れていくんだろう」って、そんな堕落に時々陥ったりして、それがただひたすら悲しかった。
aikoでさえもこんな私を変えられなかったら。aikoもどんどん変わっていくし、もうこれが潮時なのかな……そんな風に思ったりして、実を言うと生きるか死ぬか、それくらい瀬戸際なライブでした。

まあ。そんな私の暗い事情なんかおいといてーいろいろレポじゃわい!。
先行販売は13時半から。ゆったり行って大体買えました。ただし香水は一人一個。他の会場でもそうかな? リュックよりもトートバックの方が機能的(というか、リュックを日常的に使わない)なのでトート三種類買ってリュックは買わず。ポスター欲が全く無くなってるのでCDは買わなかったです。
一度家に帰って五時過ぎに再び家を出て、六時前くらいには会場に着いたかな。今回は母と一緒でした。

アンケート書いたりパンフを読んだりして、しばらく落ち着いて、じっとステージを見ていました。
何だかんだでここまでやってこれた。何だかんだで、ここに来る。
いろいろ悩んで、道がわからなくなったりするけど、aikoと言う場所が私のふるさとのようなものだと思う。
小難しい気持ち。苦しい気持ち。ただの嫉妬のような気持ち。やっかむ気持ち。憎む気持ち。
そういうの、aikoにいっぱい抱いてる。中学生の頃もそうだった。
なんかaikoと同じで原点回帰してるのかもしれない。私の場合一つも成長が見られなくてアレだが。

でもやっぱりaikoが好き。好きだな。
どうしてもおいかけてしまうな。

そんなことを思いながらステージを――彼女が立つステージを見ていると、じんわり涙が生まれました。
あかん。まだ始まってないよw と思いながら涙を拭う。

涙は一粒あればいい。あとは、楽しみに待つ心。
増えていくaikoコールを聴きながら、魔法の時間を楽しみに待っていました。



会場の灯りが落ちれば私も立ち上がる。毎回ソワッとする。突然異世界に飛ばされるみたいで、実際そうなのだ。


イントロ・Akaストリングスアレンジ
赤い緞帳にレーザーで浮かぶ、様々な歌うaiko。あ~~、この向こうにaikoがいるんだなあ。どきどき。
ロゴが浮かび上がって、拍手も最高潮で。わたしも手が痛くなるほどぱちぱちしましたワ
さあ! 私のハレの日の始まりだ!



1・明日の歌
明日の歌じゃーーー!! この曲から始まらなかったら何で始まれと言うのーーーー!!
最初薄い緞帳があって、aikoの小さくて大きなシルエットがばあーんと広がってて、ああ、aikoおるんや!と熱くなりました。
シャッ!と落ちたらaikoとうじょーうー! この日はポニーテール、Tシャツの上に水玉(赤地に白水玉)の透けたもの(なんて言えば適切なのかわからん)を重ね着してて、黒短パンの上にグレーのスケスケなスカート。んで青ソックスに、靴の色は何だったかな。マーチンぽく見えたけど。
目線がaikoにしか行ってなかったー、aikoの嬉しそうな顔とか汗に濡れた顔とかしか見えてなかったー、歌詞の通りに今までの私の辛い日々なんか笑い飛ばされた感じがします!

2・二人
二曲目だから二人ですね!!(違うだろ わりと真剣にそう思ったんです!
そういえばこの曲も相合傘・アスパラっぽい曲だなあって。相手が違う誰かを見てたっていうタイプの。今更!

ここでいったん挨拶ーう!
aiko「みんな元気かー! ほんまに元気かー!」からの次!

3・beat
ほう!beatか! 飛ばすね! ノッてるねaiko! 手拍子難しいので横揺れで楽しむ私です。

4・愛の病
ほうほう! やっぱり飛ばすね! 最初からこんなに激しくて良かったのかしらん!

5・瞳
イントロのキーで気づきましたが、瞳か! ほほーう、意外やな~。
一番はキーボードだけ? だったけど、二番から重厚なバンドアレンジ入ってかなりよかった。
この日は私の祖父の命日だったり、お世話になってる方のお子さんの誕生日だったりしたので、いつも以上に瞳の世界観に生死観を感じてました。あっ、そうだドラえもんとのび太としずかちゃんの曲だと思ってたんだw スタンドバイミードラえもん思い出してたからさあw




ここでようやく、MCですよん。いやあ飛ばしたね。一年ぶりの金沢ライブです。おかえんなさいまし。
かえるの着ぐるみさん(二列目? 私はF列だったのでよく見えてました)を見つけて(というか視界にいやでも入るよね)
「も~~そんなん着てきて!」おこ、なaiko。「脱がしてやるからな! 辱めを受けさせるからな!」
「下何着てんの? エッ全裸?? 全裸はちょっと……脱いでってって言ってしもーたけどw」おうふw

aikoも着ぐるみバイトしてたからな~どんだけ汗かくかaikoもわかんねん! ていうお話。私が思い出したのは秋そばのあのビラ配りだが。
ライオンちゃん? とか。おはようからおやすみまでのあのライオンかと思ったけど違ったぽい? あとアンパンマンショーのモブキャラとかw ぶたまんまんって言ってたけど、そんなのいるのかw? 要おググりなすってください。

と、ここらへんで突然舞い降りたヒラヒラ(紙吹雪)
何!? なaiko。
「ん~北島三郎さんみたいな……大御所さんが数日間のうちにコンサートしてたんかねw?」
ここで紅白の時のエピソード。こないだの紅白で北島さんが紅白卒業を迎えたので、その時のリハーサルで「このひらひらを取っておけば、なんか御利益あるかもしれへん」と考えたaikoは取ろな!とももクロの五人と約束する。まさかのももクロw ありがとうございます。
そしていざ本番である。20本くらいもってって親戚とか友達に配ろうと思ってたaikoであるが(せこい)リハと風向きが違い、全くもって飛んでこず……ション。だめよ~aikoそんな下心もってちゃ~
紅白の後はCDTVもあるので、すぐ移動しなければならないわけで。
しかしそんなaikoのもとに!
「ももクロの、有安ちゃんが~!」ファッ!? 杏果!?
「aikoこれあげる(・ω・)!」 とヒラヒラを手渡してくれたそうである!!
なんと!!ええ子や( ;∀;)!! さすが!! 私の!! 推し!!
ふわーんまさかの杏果エピソードほんとありがとうaiko…aiko&杏果なんてホント私ホイホイ以外の何物でもない…
「このヒラヒラも大切にもっとこ(・ω・)」とテーブルに置くaikoなのでありました。

aikoスカートえろい!の声。スケスケやもんな……私、衣装を見た時思ったことは「やだこの人またスケスケはいてる……」だったw
何せ「見えてもいいパンツはいてますんで!」だそうだ(見えるとは言ってない)(心の清い人しか見えません)
みんなも汗めっちゃかいてパンツ濡らしていこう! って言ってたけど、ここで書いていいことかどうかわからんけど、自分は下腹部の発汗がものすごくて、ホントに尋常じゃなくて、夏場の太股の汗とか本気でヤバくて、わりと真剣にパンツおよび下履き(スパッツとか)が濡れます(性的な意味ではない)なのでこの日のライブも結構汗びっしょりだったのよ……うん。どうでもいい!
「男子ってチャック全開にしたらどーなの?」というaikoの突然の質問。開放的!というお答え。そうなのか……
「何はいてるのぱんつ? ブリーフ? トランクス? ボクサー? あーボクサー。現代風やね」現代風w ふんどしって答えもある(ないだろ)

この流れで突然舞台監督さん登場(演出の方かも?)
紙吹雪の正体は数日前にバレエの公演があったのでそれの、らしい。ほうほう。
じゃあつま先立ちな感じで踊っていきましょう~はいみんなやって~ と踊るポーズ。ちょw バレエ好きな姉がいたらよかったな~ってちょっと思った。aikoむかしバレエやってたんだっけか?

まだ話したいけど、歌います。知らない曲もあるやろうけど~、aiko歌います! まるでどこぞの出撃ボイスのようだな。(何とは言ってない)



6・横顔
お~横顔いいどすな~ この日はホタルノヒカリ劇場版が金曜ロードショーでやってたね~って思いながら聴いてたw ちょっと見たかったんだけどなー。

7・サイダー
青系で泡っぽい映像。最初はキーボードのイントロだけだったから一瞬わからんかった。
サイダー。たまきが死ぬやつ!! うん。でも聴いてて「この曲、そう悲観する曲でもないのかも」と思ったよ。遊園地みたく全てを捨て去るほどじゃない。何ていうか「こういうこともあるんだな」って感じの曲なのかも。「さようならって思えたらもう少し楽なのかな」ってあくまで仮定の話だし、すごく好きな大サビ前の歌詞にしたって、「崩れる音聞いてあなたがやってきてくれるのなら 大きな音立てて心を一度なしにしてもいい」心の崩壊と引き換えに相手を望んでるんだもんなーって。この曲こそ年数を重ねるごとに価値観や解釈が変わってきそう。

8・卒業式
これもここでかー。後ろに桜の映像とか。実写の映像も入ったけどどこらへんの映像だろう。aikoの地元付近とかかな?
自分の中にあるいろんな作品の、いろんな高校生のキャラクターたちが集まって卒業式してる感じの映像が頭に浮かんでました。
はあ、女の子同士は尊い(突然百合を語り出すな




MCそのに。即興もあるでよのお時間。
aikoも座るんでみんなも座って~な時間です。
aikoカンパイは!? 「やろっか!(・▽・)」 ウム、いい返事だ。
えー私がここまでこれたのは~的な前フリ。政治家っぽいw
私が新郎新婦と出会ったのは、16年前のことで…… \aiko長い!/ブーイング。
この16年前ってデビューの時だしaiko曲に出てくるありとあらゆる「あたし」と「あなた」たちのことなのかなーなんて思った。もえー。
会場の皆とaikoで、カンパァイ! なお、aikoの飲んでるものはマックシェイク。

乾杯すませてaikoも着席して、いきなり。
「あっ、あのね、あそこいってきた!」 えっ、何
「レジャラン!!」(すごくうれしそうに) ……。……?! えっ!?
微妙な反応。というかぶっちゃけ「ローカルすぎて地元民でもどう反応したものかわからない」的な雰囲気がw
えっ、藤江の……!? バイパスレジャーランド!? えっ、えーっ!?
と、こうして私が驚いているのは何故かと申しますと、私がポップンをはじめとする音ゲーをやってた頃しょっちゅう通ってたところなので、なんだか時を超えてaikoと私が邂逅した感じでさすがに気分が高揚します! もう十年以上前のことなんだけどね。なつかしいなーそこでドラマニのボーイフレンドEXクリアしたのよー(そんなこと誰もきいてねえ)……しかし、あとでやんさんたちともはなしてたけど、誰かから吹き込まれた知識っぽいな、なんかドヤ顔っぽかったし……w
遊んだゲームの話。AKBのゾンビゲーム。なんちゅー、すげええぐいゲームだなw アイドルの闇を感じるw 今頃ファンたちはベタベタさわっておるのだろう……私も何か行きたくなってきたなーアイカツしたいなーあるかなー
プリクラとったよー! あっわかった、あとでツイッターにあげます。って話。で、あとでちゃんと上がってた件。こちら。誰にも気づかれなかったという。マアそもそもaikoがそんなところにいるなんて誰も思わんわw
UFOキャッチャーで常連らしいお兄さんがすごくいっぱい取ってる反面、aikoの方はKIRIMIちゃんがほしかったけどさわらちゃんとれた(´・▽・`)らしい。
ここで店員さん登場w このあと夜勤w えっすごいw KIRIMIちゃん明日の福井ライブに持ってく!だって。aikoもらったかな?
帰りのタクシーが全然拾えなくて~って話してたけど、そもそもタクシー拾えるようなところじゃないからあそこw これだから都会人は! 深夜やろたぶん? タクシー会社さんに電話すればいいのに……(´・▽・`)って思いました。で、拾ったタクシーの運転手さんはこんなところで滅多に拾えないよ~アリガトー!って言ってたらしいw ひょっとして幽霊だと思われたんじゃないかw

さてさてライブではおなじみ即興コーナー!お題を集めるヨ!
妖怪ウォッチ。こ、ここも妖怪ウォッチに侵食されたか……ジバニャンの設定ヒドいよな。ここで初めて設定知った人も多くてエー!? って。なるよね。日野社長が考えたのかな? さすがにエグすぎるわ……
\aikoゲラゲラポー歌ってー! うたってー! ワーワー/
「ちょっ、そんなしらんねん! 何やねんおまえら!ムキー」でも少し歌ってくれたよw 乗せられるaikoである。わたしもそんな知らんけどね。子供たちはともかく腐女子受けするコンテンツじゃないから正直ブームはそんなに続かないと見てる私(冷静

続いて足裏マッサージ。乗るやつ。毎日乗って痛いけど気持ちいい
「日常報告やなw」 aikoにおすすめしたい。
「ずっと痛いの? やめた方がええんじゃw?」

立ち見の子が結構ベターッと座っていたのが目についてその子に。
文化祭! 16日と17日に。どこの高校かな?
声が萌え系と言いますか可愛い系だったので(どうでもいいけど10月10日は「萌えの日」だったんですよ)
「16日と17日だよ、お兄ちゃん、って言って!」
「それ私のコッペパンだよ、お兄ちゃん、って言って!」
www言わせんなwww この萌えボイスの流れでマイコ降臨してしまったwww
「マイコも演じてるのよ~」
「巨乳になるためのマッサージやってるのよ~」可愛い~!
「可愛いって言ってくれるけど、心の中は真っ黒だけどね(キュピ」
真っ黒なのに可愛いの演じてるの~笑えるよね的なこと言ってたけどそれ芸能人aikoとしての限りなく本心に近い気持ちだよね( ;∀;) なんかブラックユーモアを感じたぞ……ああaikoなでなでしたくなった
「茶番につきあってくれてありがとー」とマイコタイム終了であるw 茶番w

次はちびっこ枠で、真ん中あたりのいい席におじいさんと一緒に来てた子に。別の列にも一家の人がいたので、「あんないい席取れるの、あれは関係者に違いない」とれんげさん分析。確かにお偉いさんなら通常ありえない連番も可能だろう。
で、キーワード。おじいちゃんの誕生日! 「瞳」嬉しかったんじゃないかしら。
あとお子さん(お孫さんか)の名前は「ひとつ」くんらしい。ある意味DQNネームのような(;・∀・)

続いては「だめだし」かつてヌルコムでaikoにダメ出しされたと言う。一番がaikoで二番が彼女、それがアカン!て言われた……んだっけ?
でもその彼女が奥さんになったのでaikoが結んだ縁ということで……「aikoのおかげやで\( ‘ω’)/!」ドヤー

続いて上腕三等筋w 女装してる人の筋トレ動画をいつもみてるからw プロテインさん何者w「ナイスケバブ!? 知らんわww」

こんなカオスなお題たち。「まとまりますー!?」とaikoも困惑。
aikoあきらめないで! そうだよ、絶対に、諦めn「諦める(はぁと)」エェェエェ こらw
aikoできるよ!「出来ないと思います」ちょww
だけどみんなの後押しを受けて出来る、出来るな、思いこみ。トッキュウ5号的なイマジネーション発動(わかるひとしかわからん)
いやしかし、悩んでますなぁ。でもちゃんと出来たヨ!

↓こんなかんじ↓
今日はおじいちゃんの誕生日♪ 文化祭も重なった!
出し物は足裏マッサージ(どんな出し物やねん)
夜は体育館でお遊戯があるの(保育園かい)
妖怪ウォッチ踊るから見に来てね
ゲラゲラポー♪ ゲラゲラポー♪ ……ってパクんなしwww
注目は上腕三等筋!
あたしのことみててね、だめだしはしないでね☆

……という……よくまとまったなw
タイトルは「おじいちゃんおめでとう」でしたw



さて曲へ。
少し懐かしい曲で、テレビゲームという曲を歌います。ワァオ! 懐かしいね。10年前だもんね。秋の曲だからぴったりだね。
「元気がない人、落ち込んでる人の背中を少し押す曲です」

9・テレビゲーム
キーボード一本で、滑らかな演奏と言うよりはちょっと、それこそ昔の8bitテレビゲームのような、わりと単純な演奏、うーんなんていったらいいかな。
ぱきっとしてるっていうか。aikoの安らかな歌声に背中のスイッチをぽちりと押された気がします。

続いて。「あなたを連れてという曲を、歌います」弾き語りで聞きたかったからうれしい。
「人と人は、全部をわかってあげられないけど、やっぱり一緒にいたいから、いろいろ聞いて、傍にいるんじゃないかな」
「aikoもまだみんなのことよく知らないし、aikoもまだみんなに教えてないこと、みんなが知らないことがある」
そんな感じの前説でした。この曲が泡愛で一番好きで、とても大切なことを歌ってるとずっと思っているだけに、じんわりときました。


10・あなたを連れて
弾き語りだから、か細いけど、それゆえに中の芯の強さを感じます。
「どこかで心が繋がっていると勘違いしてるあたしを」
「そのままにしておいてね あなたのことがやっぱり好きなの」
が、思い切り私→aikoなので、じわっときたり、ぶわっときました。

それでは次は後半戦。つぎのページで。

next
ライブレポトップへモドロ
愛子抄トップへモドロ